副理事長・委員会方針

Committee plan

未来創造室 副理事長方針
Future creation
坂井 達哉

副理事長 兼 未来創造室 室長 坂井 達哉

都市部への一極集中による若年人口の減少により、地域は大きな問題を抱えていたが、さらに新型コロナウイルス感染症(COVID19) の影響により、地域経済は大きな打撃を受け、地域住民は未来に不安を抱えています。笑顔と活気で溢れる地域を未来へつなげていくには、子どもたちや青少年たちが自分の生まれ育った故郷に対し愛着を持ち、私たちが地域経済を支える青年経済人として成長しなければなりません。地域の未来を担う人財育成と地域経済の活性化という双方から地域の価値を高めていき、人と経済の相乗効果から地域の未来を創造する必要があります。

子どもたちと様々な体験を通じ、成功と失敗からの学びを伝え、現代を生きる子どもの考えを尊重し、子どもたちの見ている世界を共有していきます。初対面の同年代たちと共に行動することで、価値観の 違う相手を思いやる気持ちから感受性を高め、地域の未来を担う人財 を育成します。子どもたちに学校や家庭と同じ体験をするのではなく、私たちだからこそ伝えられる大人との交流から道徳心を養い、地域の魅力を活かした原体験から郷土愛を育みます。

青少年たちは大人では考えつかない発想力を秘めており、地域に潜在する魅力を発掘し、地域への関心を高めることで郷土愛を深めます。答えの用意されている問題ではなく、行動し経験しなければ判断ができない体験を積み重ねていくことで、学校では学ぶことができな い知識を得て、豊かな発想を持って成長する機会とします。

私たちが青年会議所運動に邁進するには企業の発展が重要であり企業の発展は地域の発展につながります。新型コロナウイルス感染症(COVID19)の行動制限による経済打撃から地域経済の好循環に向けて、まずは内需回復に向けた取り組みが重要であり、地域との共存を目指す時代に即したビジネスモデルの見識を深め、状況の変化へ柔軟に対応できる青年経済人へと成長する機会を提供し、企業の発展から地域経済を活性化させ地域の価値を高めます。

大きく育て 羽ばたけ 未来へ
笑顔と活気があふれる地域へ

教育未来委員会
Education Future
小野 智啓

委員長 小野 智啓

笑顔の創造~人と人の連鎖が生み出すムーブメント~

オホーツクの中核都市として栄えてきた北見市。進学や就職の市外流出が進行し、地域の未来を担う若者たちの減少が顕在化し、活気や笑顔が減退しています。活気と笑顔が溢れる地域を創造するには、私たちが地域を牽引するリーダーとして地域のために主体的に行動し、子どもたちが郷土愛を持ち夢や希望を描ける機会を提供し、未来の希望である子どもたちを育成する必要があります。

現代を生きる子どもたちが地域の魅力を広く発信するとともに、地域外の魅力に触れることで、自分の住み暮らす地域の良さを認識し郷土愛を育みます。私たちが子どもたちの地域に対する想いを理解するとともに、知り得ていない地域の魅力を認識することで、子どもたちの郷土愛を育む契機とします。

同年代の仲間と地域の特色を生かした文化を共に学び、地域の魅力に関心を持つことで、郷土愛を育みます。子どもたちは初めて出会う仲間と笑顔溢れる経験を通じて感受性を高め、日常とは違う大人との交流の中で自分の行動を見つめ直し道徳心を養います。子どもたちが人に押し付けられるのではなく、自らの考えで行動した成功と失敗の体験から責任意識を養い未来を担う人財を育成します。

発足から10年目を迎えるオホーツクきたみ学生連合は、学校の枠組みを越えた仲間と共に大人では考えつかない発想力で失敗を恐れず行動し、地域に潜在する魅力を発掘することで、多くの体験から郷土愛を深め地域を想う心を醸成します。仲間と共に地域の魅力を見いだした達成感から仲間意識が芽生え感動と笑顔を生み出します。

子どもたちの目が輝く体験から郷土愛を育みます

地域経済委員会
Regional Economy
小林 秀光

委員長 小林 秀光

変化をチャンスに ~創造しよう、地域と共に~

(公社)北見青年会議所は地域経済に影響を与える人財を育成するため、様々な研修やビジネススキルの向上に取り組んできました。昨今、地域経済の低迷が問題視される中、私たちが率先して時代の変化に適応し、企業を発展させる人財にならなければなりません。さらなる地域経済の発展に向けて、現状に基づく適応力と何事にも覚悟をもって挑戦する青年経済人へ成長する必要があります。

LOMメンバーを対象にどのような状況にも柔軟に対応できる人財を育成するために、企業や団体が開 催している時代に即した思考力を身につけるセミナーの情報を提供します。

自社企業や地域住民との円滑な人間関係を構築するため、自らを鑑みる場を設けることで、時代の変化に対応したコミュニケーション能力の向上を図り、自分の意思を的確に伝える力を養います。

地域経済のさらなる発展を図るため、私たちは地域が求めている情報を的確に収集する方法を学ぶことで、マーケットの変化に即時に対応する判断力を備え、需要を見極める能力を高めます。

私たちが普段目にしている何気ない資源を多角的な視点で捉え、内需回復の切り口として地域資源を活かす術を身につけることで、人口減少時代においても地域経済を発展させる個々の創造力を育みます。

Change yourself, we will get the chance.