挑戦しよう!!~人と人が生み出す無限の可能性を信じて~

第9回北見ハーフマラソン大会 ボランティア応募はこちら

室・委員会方針

Committee plan

地域創造室 室方針
Region creation
山中大輔

副理事長 兼 地域創造室 室長 山中 大輔

人は光である。

永きに亘り地域づくりに向き合ってきた先輩諸氏は、地域住民とともに一人ひとりの輝きを集結させ地域を活性化してきました。人のつながりと愛郷心の高揚により、人は輝き、その光の集合体によって照らされた地域は、活力を生みます。多くの資源に恵まれる新北見市の誕生から10年が経過しました。その間、各地に潜む地域資源の魅力を発信し続けてきましたが、私たちは地域と地域の結びつきにより生まれる独自性を見いだせているのでしょうか。地域に潜む魅力を結びつけ、地域らしさを創造し、魅力溢れる地域の活力を呼び起こしていくために行動を起こしていく必要があります。

(公社)北見青年会議所は、永きに亘り培われた歴史と伝統そして想いを継承しながら、地域住民とともに地域づくりに取り組んできました。変わりゆく時代の中で、地域らしさを生み出すには、地域に潜む魅力を発掘し結びつけていく必要があります。「この地域に活力を生み出したい」と私たちが強い気概と信念を抱き、行動を示していくことで、地域住民を巻き込んだ大きな運動に変わります。地域住民が笑顔で参加できるような魅力溢れる事業を他団体とともに構築し、地域づくりに対する当事者意識の高揚と愛郷心の醸成へとつなげ、地域の活力を創生します。

市民協働による青年会議所運動は、この地域の課題について地域住民とともに向き合い、人と人とのつながりを持って、地域の素晴らしさを発信できる事業として構築されてきました。地域住民や行政そして他団体が連携し、地域の魅力や課題を考え、思いやりの心を持って行動し、味わう達成感は多くの仲間とのつながりを強くすることで、地域に対する愛郷心を育んでいきます。そして、近年各地で発生している様々な災害に対しても、地域住民や行政と連携し、一人ひとりの安全意識を高める機会を設け、今後起こりうる災害に対し十分に備えていくことが大切です。地域とともに課題に向き合い、多くの仲間とのつながりを強くし、一人ひとりに育まれた協働の精神が、笑顔溢れる地域を創造します。

地域とともに磨かれた一人ひとりの小さな光は、人のつながりにより大きな光となり次の世代へと、そしてまた次の世代へと受け継がれていきます。光の集合体により照らされた地域が、魅力溢れる地域として輝き続けるために、私たちは新たなる挑戦をしてまいります。

活力創生委員会
Vitality creation
吉岡俊英

委員長 吉岡 俊英

挑戦しよう!~力強い地域の未来へ~

合併後10年を経過した新北見市は日本創生会議にて消滅可能性都市として指定され、高齢化や都市部への人口流出などを理由に人口が減少するなか、緩やかに衰退の道を辿っており、地方創生への行動を起こすことが必要とされています。地方創生を図り魅力溢れる地域を作り上げていくためにも、地域住民一人ひとりが今まで以上に楽しんで参加・参画できる北見ぼんちまつりを開催し、地域づくりに対する愛郷心を醸成し当事者意識を高めることが重要であり、地域全体で発信を行い、活力ある地域づくりを進めていくことが必要です。

地域に潜む魅力を磨き上げ、地域一丸となって地方創生を進めていくために、各地域に散在し潜む魅力ある地域資源を発掘するだけでなく、その地域資源を活用し結びつけることで生まれる独自性を創造する機会を設け、近い未来の地域を考えることから愛郷心を育み地方創生への活力としていきます。

北見市最大のまつりである北見ぼんちまつりは、私たち(公社)北見青年会議所の先輩諸氏が築き上げてきた歴史と伝統を持つ地域活性事業です。しかし、変わりゆく時代のなか地域から寄せられる様々な課題があることも確かで、この課題に関係諸団体と共に向き合い歴史と伝統を継承しつつ、時代の変化に合わせ新たなる取り組みを続ける必要があります。第64回北見ぼんちまつりでは、参加者の移動などの利便性を考慮しまつり会場のさらなる活性化をおこなうために、地域住民と共に地域の発展について協議し連携を図っていくことで、地域住民が溢れる笑顔で参加できる力強い事業を通して地域の魅力を創造していきます。

愛郷心を醸成し、魅力溢れる地域で、さらなる活力を呼び起こしていくため、様々な地域課題に率先して行動し未来の輝かしい活力ある地域の創造にむけ果敢に挑戦していきます。

地域協働委員会
Regional collaboration
三橋裕樹

委員長 三橋 裕樹

愛する地域のために ~共に学び、共に進み、共に創ろう!~

永き歴史を積み重ねてきた(公社)北見青年会議所は、地域住民や関係諸団体と共に協働事業を行うことで、地域に対する愛郷心を育み当事者意識を高めてきました。地域の魅力を高め笑顔溢れる地域を創造し明るい豊かな社会を実現していくためには、地域を照らす光としてこれからも人と人とのつながりをさらに強固なものにしていかなくてはいけません。そのために地域住民と共に愛郷心を醸成し、自分たちのまちは自分たちで創るという当事者意識を高め積極的に行動できるひとづくりを行う必要があります。

過去8回開催された北見ハーフマラソン大会では、地域貢献への意義やまちづくりに対する当事者意識を高めるため開催されてきました。本年も当事者意識を持った市民を増やし協働事業をより良いものとしていくために、企画、運営に関する様々な情報をメンバーと地域住民が共有し、地域住民がより主体的に活動できるような運営を行っていきます。また第10回北見ハーフマラソン大会の節目を迎えるにあたり、地域住民と共に今後の方向性を考え、地域が求める大会運営に取り組むことで、地域に対する愛郷心を育み地域住民自らが行動できるひとづくりを行っていきます。

本年第9回北見ハーフマラソン大会では、地域に潜む魅力を結びつけ独自性を生み出す工夫を実行委員会メンバーと共に考え大会に組み込むことで、地域の活力を呼び起こします。そして大会を楽しみとされる参加者や来場者が笑顔となれるように、そして思いやりをもって助け合い多くの仲間と達成感を共有することで、つながりを強固なものとし、参加者や来場者だけではなく実行委員会メンバーも楽しみながら運営し笑顔が溢れるような大会を開催いたします。

近年、各地で様々な災害が発生し、私たちの地域も甚大な被害を受けました。(公社)北見青年会議所として何を準備し何ができるのかを考える機会を設け、地域住民や関係諸団体と共に防災意識を高めることで、災害に迅速に対応できる備えを有しておくことも、地域の未来を担う私たちの責任です。

思いやりの心を持って、共に地域の魅力そして地域の課題に向き合おう。愛する地域のために!

まるごそHOKKAIDO JC
e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会
北海道地区災害用掲示板
バイメイド東北運動