副理事長・委員会方針

Committee plan

地域協創室 副理事長方針
Regional Creation
三橋 裕樹

副理事長 兼 地域協創室 室長 三橋 裕樹

私たちは永きに亘り、青年会議所運動の根幹である指導力開発と社会開発を行い市民や地域と密接に携わりながら、時代に合わせた様々な手法を取り入れ地域発展のために寄与してきました。近年、人口減少や少子高齢化から地域が衰退し、地域が抱える課題に対して個々の力だけでは解決が困難になってきた現状を受け入れ、市民と共に地域が抱える課題や未来ビジョンを共有するとともに今まで培った教育事業や協働事業の経験を活かし、過去の概念に捉われず時代の変化に合わせた新たな価値を生み出す協創へと挑戦することで、地域にイノベーションを起こし誰もが誇れる持続可能な地域を創造する必要があります。

この地域の未来を担う子どもたちや青少年に、責任世代である私たちと共に自然豊かなこのまちから新たな地域の魅力を知って感じてもらい、様々な体験を通じ未来に希望を持たせることで誰もが誇れる地域を創造します。教育事業を通じて、主体性や協調性を養い学校教育では得られない教養や様々な体験から得た柔軟な発想を活かすことで、学びを得た新たな価値観の創造から未来への希望を描き、子どもたちや青少年の意識変革を行うとともに生まれ育ったまちへの愛郷心を育みます。

地域住民の声から生まれ共に協働の絆で行ってきた北見ハーフマラソン大会は、実行委員会を通じて地域住民と様々な意見を交わし、創設時の目的を再確認するとともに今一度協働の在り方を見いだします。協働事業の認識から時代に合わせたさらなる進化を遂げることで、一人ひとりの主体者意識の醸成から青年会議所と地域住民の協働意識が高まり一体感が生まれる協働事業へと発展していきます。

今まで培った教育事業や協働事業の経験から、青年会議所と地域住民だからこそできる行政頼りではないまちづくりを模索し協力し合うことで、主体者意識が芽生えた地域住民と一体となって生み出す協創へと昇華します。地域住民自ら行動を起こし未だ見ぬ新たな魅力の発見から地域の価値を高め、青年会議所と主体者意識が芽生えた地域住民が一体となって生み出す協創という新たな挑戦から地域力の向上につなげ賑わいある地域を創造します。

「温故知新」故きを温ねて新しきを知る
過去を継承し変化を加える、地域住民と共に「協創」という新たな挑戦へ

教育推進委員会
Promoting Educationotion
亀田 寿幸

委員長 亀田 寿幸

輝け!未来の担い手たち ~愛郷心と豊かな心を育み未来を描け~

(公社)北見青年会議所は永きに亘り、地域の未来を担う青少年や子どもたちに青少年育成事業を展開してきました。しかし、青少年の就職、進学による市外流出により、地域に魅力を感じなければ、故郷を離れてもいつかこの地域に戻りたい、住み暮らし続けたいと心から思うことができません。だからこそ、私たち責任世代が青少年や子どもたちと共に地域の魅力を感じ、未来への希望を描き、誰もが誇れる地域を創造する必要があります。

創立から9年目を迎えるオホーツクきたみ学生連合が、地域の魅力を活かした事業の企画、運営を行い、学校の枠組みを越えた多くの仲間たちと共に地域に興味を持ち関心を深めることで、主体的な行動力から自己成長へとつながり未来へ挑戦する力と愛郷心を育みます。就職や進学により故郷を離れる青少年がこれからもこの地域を愛し、いつかこの地域に戻りたい、住み暮らし続けたいと心から思える気持ちを育むため、青少年の将来に関わる就職や進学における現状の把握から、私たちと共に地域の魅力に関心を深め地域の未来像を描くことで未来に希望を持てる人財育成を推進します。地域の未来を担う子どもたちが、集団行動から互いに協力し合い、目的に向かって行動することや多くの魅力溢れる環境を活かした事業を行うことで、仲間意識と規範意識を学び大人になってからも地域で過ごした思い出を大切にする豊かな心を育みます。

豊かな心を育み、地域の未来を担う人財を育成します。

地域力創造委員会
Regional Potential Creation
奥野 勝也

委員長 奥野 勝也

大同から生み出す強い地域

賑わい溢れる地域は誰もが望むものですが、その実現には地域の抱える問題に対して自ら行動できる活力ある地域住民が必要です。(公社)北見青年会議所は永きに亘り、地域の抱える課題と向き合いながら青年会議所運動を展開し、地域の抱える問題の解決や地域の価値を高めていく力である地域力の向上に寄与してきました。しかし、人口減少や少子高齢化の進行により地域力を生み出す過程であり人の活力であるエンパワメントが低下している現状を受け入れ、地域住民が地域の抱える問題を自らのことと認識し、主体性を持った行動から人と地域が一体となり、エンパワメントの推進から地域力を向上させるとともに地域の価値を高め、賑わい溢れる持続可能な強い地域を創造する必要があります。

(公社)北見青年会議所がリーダーシップを発揮し、地域住民で構成される地域コミュニティが地域の抱える問題を自らのことと認識し、課題解決へ向け自らの意思で行動する主体性と周りを巻き込む能動性を兼ね備え、一体となる新たな枠組みづくりからエンパワメントの推進を図ります。エンパワメントの推進により活力に満ちた地域コミュニティから、賛同を得た仲間が参画する新たな枠組みで目的と目標を共有するとともに、地域住民へ向けた新たな事業を構築し、地域力の向上を図ります。また、新たな枠組みと地域住民の一体感から生み出される新たな魅力を広く発信することで、エンパワメントは地域コミュニティに対してより広く推進されるとともに、事業に参加した地域住民一人ひとりに地域力の向上を図ります。地域力の向上した地域コミュニティ内で生み出されるエンパワメントの推進と地域力の向上からなる好循環は、さらに多くの地域住民の活力と主体性を引き出し、地域力をさらに向上させるとともに地域の価値を高め、持続可能な強い地域につながる賑わい溢れる地域を創造します。

エンパワメントの推進から地域力を向上し、強い地域を創造しよう!

地域協働委員会
Cooperation Development
湊 雄裕

委員長 湊 雄裕

Make Progress ~輝く地域を目指して~

(公社)北見青年会議所は、地域に求められる組織として多くの事業を実施し、明るい豊かな社会の実現を目指し青年会議所運動を邁進してきました。地域住民の有志の基発足された、北見ハーフマラソン大会実行委員会メンバーを中心に、多くの地域住民を巻き込み協働を行ってきました。発足当初の協働に対する価値観は、地域住民が主体性を持ち地域づくりを実行できるよう、北見ハーフマラソン大会という手法を取り入れてきましたが、時代とともに協働の価値観が変化してもなお、変化できていない組織体制について考える岐路に立たされています。地域住民と共に組織について考え、固定観念に捉われることなく、時代に合った価値観を取り入れた運営を行い、多くの人が集う組織への進化する必要があります。地域の改革者である(公社)北見青年会議所が先頭に立ち、挑戦をする姿勢を示し、地域住民が持っている地域を想う気持ちに触れ、地域のために行動する人財を育て、誇りある地域を創り出していく必要があります。

北見ハーフマラソン大会実行委員会は、いま一度協働の在り方見いだし、時代変化に沿った視野で地域住民の声に真摯に向き合い、まちづくりに対する主体者意識を持った人財の集合体として更に価値のある組織へと進化します。北見ハーフマラソン大会実行委員会を価値ある組織へと進化させるために、LOMメンバーが積極的に参加する運営基盤を作り、協働を楽しむ姿を見せることで、北見ハーフマラソン大会実行委員会メンバーも積極的に参加する組織循環を生み出します。

協働の精神を持った地域住民と同じ目的感で地域協働事業を行うことで、地域の魅力を増幅させ、新たなまちづくりへの意識を持った人財を増やすことにつながり、さらに地域の魅力を創り出す好循環へと導きます。

地域住民と共に協働の可能性を生み出し、
地域のために進化できる組織へと果敢に挑戦する!