挑戦しよう!!~人と人が生み出す無限の可能性を信じて~

第9回北見ハーフマラソン大会 ボランティア応募はこちら

室・委員会方針

Committee plan

専務理事
managing director
専務理事 黒部 一哉

(公社)北見青年会議所が65年の永きに亘り、明るい豊かな社会の実現を掲げ運動を紡ぐことができたのは、地域の問題に対して真摯に向き合い、秩序ある組織運営を行ってきたからです。これからも地域に求められる組織であり続けるためには、先輩諸氏が築いてこられた歴史と伝統を受け継ぎ、厳格で開けた組織運営から持続可能な組織を確立していくことが必要です。

公益社団法人格を取得して5年目となる本年もメンバーからの負託と信頼に応え、関係法令や規則を遵守した組織運営を行います。財政面においては、主な職務となる会計、財務処理を公正に進めていくことが重要であり、各委員会及び会議体が例会や事業を実施するにあたり、予算と決算を円滑に行うための支援を行います。

私たちが魅力ある運動を展開しても地域に理解されなければ、共感は生まれず、今後も必要とされ続ける組織となることが出来ません。地域の理解と共感を生み出すため、目的に合わせた情報の伝達手段を考え、正確でわかりやすい広報を行います。また、丁寧な情報共有を行うことで、メンバー間の意識を統一するとともに、先輩諸氏や関係諸団体にさらなるご協力をいただき、一丸となって運動を展開していくための基盤とします。

多くのつながりから地域住民の理解を深め共感を生むことで、地域の信頼と社会的な価値が増し、今後も期待され求められる組織へとつなげていきます。

厳格で開けた組織運営と地域の共感から持続可能な組織へ。

総務広報委員会
General Affairs Public Relations
東雲知世

委員長 東雲 知世

青年会議所と地域をつなぐ

(公社)北見青年会議所は65年という永きに亘り、先輩諸氏の高い志を受け継ぎ、熱い情熱を持って地域に求められ続ける組織として青年会議所運動を展開してきました。今後も青年会議所運動を継続していくためには、円滑な総務運営と時代に合わせた様々な広報活動を行うことで、青年会議所に対して地域住民のさらなる理解を深め共感へとつなげ、地域に求められる組織となる必要があります。

まずは、総務運営を円滑に行ううえで重要なメンバーの情報管理や情報共有を丁寧に行い、メンバー間で意識統一を図ります。先輩諸氏や関係諸団体と連携をより強固なものとし、メンバー一丸となって青年会議所運動を展開いたします。

昨今、情報発信のツールとして活用してきたインターネット広報と併せ、地域に深く青年会議所運動を知っていただくための広報でわかりやすく発信し、(公社)北見青年会議所としてのブランディングを確立いたします。

細やかな総務運営と情報発信から、青年会議所と地域を結び、地域に求められる持続可能な組織へとつなげます。

まるごそHOKKAIDO JC
e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会
北海道地区災害用掲示板
バイメイド東北運動