和の心で紡ぐ感動の新時代 All our dreams can come true

室・委員会方針

Committee plan

専務理事
managing director
小林秀光

専務理事 小林 秀光

(公社)北見青年会議所は「明るい豊かな社会の実現へ向け、修練、奉仕、友情という三信条を胸に抱き、青年会議所運動を展開してきました。先輩諸氏が永きに亘り築き上げてきた信頼の上に成り立つ盤石な運営基盤を引継ぎ、組織の能力を最大限に引き出す秩序ある運営及び関係諸団体との有機的な連携の強化は、青年会議所運動の展開に必要です。

公益社団法人格を有する青年会議所として運動を展開するうえで、関係法令を遵守し適正な財務処理と適切な行政対応を行います。(公社)日本青年会議所、北海道地区協議会、各地青年会議所、先輩諸氏、関係諸団体、LOMメンバーとの情報共有から連携を図り、例会・諸会議実施の支援や青年会議所運動についての環境整備を行うことで健全な組織運営を行います。

(公社)北見青年会議所は円滑に運動を展開するために情報を正確に管理し、先輩諸氏や関係諸団体へ情報の発信及び共有、そして交流を通して青年会議所運動に対する理解から信頼関係を築き、地域一体となる協力へつなげます。また、青年会議所運動の迅速な発信から伝播することで、組織の存在価値が向上するとともに地域の価値を高め、地域に必要とされる組織として地域住民の理解、そして共感へつなげる広報運営を行います。

地域と組織が一体となる運営でブランディングを確立します。

総務広報委員会
General Affairs Public Relations
伊藤 諭

委員長 伊藤 諭

共有と共感~地域から求められる組織へ~

(公社)北見青年会議所は永きに亘り、「明るい豊かな社会」の実現を目指して青年会議所運動を展開してきました。しかし、私たちが行ってきた青年会議所運動は地域住民に対してまだ認知度が高いとは言えません。今後も地域に求められる組織であり続けるためには、先輩諸氏から連綿と紡がれてきた歴史と伝統を継承し、適正かつ円滑な総務運営、関係諸団体や先輩諸氏との連携、青年会議所運動を伝播し、組織の存在価値向上と円滑な青年会議所運動の展開に必要です。

LOMメンバーや先輩諸氏の情報を管理し共有することで、理解を深め円滑な青年会議所運動へとつなげます。関係諸団体や先輩諸氏と情報共有し交流することで、信頼関係を築き地域に根差した運動を行うための連携強化を図ります。各委員会が展開する運動を効果的に地域住民に伝えるために、各委員会と連携しインターネットや広報媒体を用いて地域住民の目に触れる機会を増やします。また、青年会議所運動の価値が伝わる広報活動を行うことで、(公社)北見青年会議所の存在価値を高め地域から求められる組織として地域住民の理解から共感へとつなげます。

スムーズな総務運営で連携強化、地域にインパクトを与える広報活動で
共感から組織の存在価値を高めます。

まるごそHOKKAIDO JC
e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会
北海道地区災害用掲示板
バイメイド東北運動